コーヒー・ハウス プロジェクトについて

これまでエンターテインでは「起業のタネを見つけよう!」と題し、地方で起業・創業したい方に向けてのセミナー&ワークショップを数多く行って参りましたが、中小企業の新規事業開発や、まちづくりの課題解決など、より地域のための企画が出来ないかというご相談を受ける事があり、新しいコンテンツとして
「コーヒー・ハウス」プロジェクトをスタートいたしました。

コーヒー・ハウスとは、17~18世紀、イギリスはロンドンで生まれた社交場。多くの人が集まる情報交換の場となり、そこから新聞などのジャーナリズムが発展し、株式取引や郵便制度も起こったことで有名です。

エンターテインでは地方から、より自由な経済活動が出来る機運を醸成するための「場を創る」ために下記の内容でワークショップを行って参ります。

STEP1
「起業のタネを見つけよう!」シリーズで、最も入門編となるUXワークショップを実施し、自分と向き合い、事業のタネに気づき、行動できる人を増やす、そのきっかけをつくります。

STEP2
参加者それぞれが気づいた、興味のある課題についてフォーカスし、地域における「課題の仮説」を定め、インタビューなどでその課題が本当に存在するのか、ユーザーがいるかどうかの検証を行います。

STEP3
「課題の検証」から「手段の検証」までの理解を深め、地域の課題を解決する最適な手段を見極めます。
ビジネスや地域の課題への理解を深め、何から始めるべきか、実際に行動する前に確認をしてそれぞれの行動につながる第一歩といたします。

第一回目は2020年の9月に仙台市で行われました。
その時の様子はこちらです↓


前半部分のみ公開とさせて頂き、もし後半の動画や、プロジェクトにご興味のある方はぜひ下記のフォームよりお問い合わせ下さい。
https://forms.gle/fK7aY6BgiuXZdcc27

全国各地でコーヒーを飲みながら、地域について語れる場所を一緒に創って参りましょう!